数学ノートをA4サイズにすることのメリット2つ

勉強法
スポンサーリンク

ノートと言えばB4サイズがメジャーです。

A4サイズのノートを使っている人はあんまり見かけません。

持ち運びがしにくいから、でしょうか?

でも家で使う分には持ち運びに向いていなくても問題ないですよね。

とは言っても持ち運びに向いてないというのは、かなり大きなデメリットです。

それでも高校のころの僕はA4ノートを使っていました。

その理由は、

1.ノートの端のスペースで計算できるので、計算用紙がいらなくなる

2.スペースが広いので、図を大きく書くことができる

という2つのメリットがあったからです。

それぞれのメリットについて少し説明します。

1. ノートの端のスペースで計算できるので、計算用紙がいらなくなる

数学などの理系科目の勉強では計算がつきものです。

高校生になってくると、段々と計算も難しくなっていきます。

それをB4のノートに書くのは厳しいですよね。

(文字を詰めに詰めて、計算も書き込んでしまう猛者もいますが)

そこでノートとは別に計算用紙を用意することが多のではないか、と思います。

しかしそうすると、

計算用紙を用意する必要がある

計算のあとを残せない

という二つの問題が発生します。

特に計算のあとを残せないというのはもったいないことです。

計算のあとが残っていれば、自分の計算間違いの傾向を知るなどに利用できます。

これらの問題を解決するのがA4のノートを使うというアイデアです。

2. スペースが広いので、図を大きく書くことができる

これがどれだけ大きいメリットかを知るためには、まず図の重要性を知らないといけません。

僕は高校生のときに数学の入試問題を解いてばかりいるような先生に聞いたのですが、

図というのは自分の理解を助けるだけでなく、解答の根拠としての役割も果たす優れもの、だそうです。

図での説明は、下手な文章で説明するより遥かに分かりやすく、時短にもなります。

そうと分かれば図を描く習慣をつけていくしかないですよね。

となればA4ノートです。

あとがき

今回はA4ノートの良さを紹介してみました。

数学の勉強を効率化したい人はぜひ一考してみてください。

ちなみに僕が使っているのは、Contactというノートです。↓

Campusノートとかと比べると、紙質は劣るとは思います。

しかし、圧倒的な安さとページ数(40枚=80ページ)というメリットも前には大きな問題ではないかな、と思います。

興味があれば、100均で探してみてください。

アマゾンでは見つからなかったので…

コメント

タイトルとURLをコピーしました