MS-IMEとGoogle日本語入力を比較

その他
スポンサーリンク

最近、文字を打っていて変換不能になる事件が頻発していました。何故か固まって動かなくなってしまうのです。

原因を調べたところ、文字の入力を担当するソフトの問題のようです。

学習させてきた辞書に問題があるとか、ないとか、そういうことらしいです。調べていると、「辞書を修復」という作業をしてみれば解決することがあるとの情報を得ました。

しかし、残念なことに、その作業をやってみても問題解決しませんでした。

そうなると、辞書を白紙に戻すくらいしか対応策が思いつきません。ただ、それなら別の入力ソフトに変えても変わりません。

丁度いい機会かと思って、他の入力ソフトを試してみることにしました。

それまでに使っていたのは、MicrosoftのMS-IME。Windowsで標準装備されているモノですね。ググると、Google日本語入力やATOKというソフトがあることを知りました。

ATOKの評判はいいですが、有料です。そこで今回は無料でインストールできるGoogle日本語入力の方を導入して、MS-IMEと使いやすさを比べてみました。

Google日本語入力が勝っている点

Google日本語入力を使っていて便利だったのは、 ”『” や ”…” や ”→” を一発で打ち込めることでした。それぞれ、 ”z” + ”「” 、 ”z” + ”.” 、 ”z” + ”l(エル)” と打つだけでOK!

これは思った以上に便利です。

MicrosoftのIMEだったら、 ”「” や ”・・・” と打ってから変換していました。それが必要なくなるのは、とってもありがたかったです。

他にも色々便利機能がありますが、そういうのはまだ使いこなせていません。

MS-IMEが勝っている点

何かと評判の良くないMicrosoftのIMEですが、こちらの良さも再発見することになりました。

再発見した良さの1つ目は、たくさんの変換候補の一覧を確認できることです。Tabキーを押せば表示できるという、あの機能です。Google日本語入力ではこの操作ができなくて、MS-IME特有の(少なくともGoogle日本語入力にはない)機能だったんだと気が付きました。

この機能がないことにすごく違和感を感じました。それだけMS-IMEに馴染んでいたってことでしょうね。

それから、もう変換の精度についてもこちらの方が若干上回っているような気がしました。あくまでも「そんな気がする」程度のモノです。それに完全な主観です。

結論 どちらが使いやすいか

結論は………僅差でGoogle日本語入力! ごめんよMS-IME! 君もがんばってくれたんだけど。

ぼくにとっては、 ”→” などが一発で打ち込めるのは抗えない便利さでした。MS-IMEでも登録すれば同じことができるのかも知れませんが、それを面倒に思ってしまう人間なので。

Tabキーで変換候補の一覧表示はできないけど、まぁ仕方がないと思うことにしました。Tabキーで一覧表示する機能はとても便利だから、Google 日本語入力にも付けてほしいですね。

そんなわけで、しばらくGoogle日本語入力を使ってみることにします。使っているうちに気に食わない点が見つかったり、逆に便利な機能が見つかったりしたら追記します。

追記

Google 日本語入力にも複数文節を変換するとき、1文節ずつ区切って変換する機能が備わっていることが分かりました。”↓” を押すと、カーソルが直後の文節に移動するようになっているようです。

MS-IME の”→” で分節移動ができるという仕組みに慣れきってしまっていたので、しばらく気が付きませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました