中学まで数学が苦手でも高校は逆転するチャンス!

数学
スポンサーリンク

こんにちは。

今回のテーマは「高校数学」です。

数学ってセンスが出るとか言われますし、それはある程度は本当でしょう。

でも逆に言えば努力でカバーできる余地があるんですよね。

数学は高校になると余計にその傾向が強くなり(僕の主観)、中学数学が苦手だった人でも逆転のチャンスがあります。

数学が苦手だった人でも高校では「数学がまぁまぁできるやつ」くらいには確実になれます!

そのことを中学で数学が苦手だった人たちにはぜひ知ってもらいたいです。

実際に僕は中学校のころは数学があまり得意ではありませんでしたが(中学のときの塾の先生に「お前は数学のセンスがない」と太鼓判をもらっています)、京大入試でもそこそこ解けるくらいにはできるようになりました

この記事では、①どうして高校数学では苦手だった人にもチャンスがあるのか、②高校数学ができるようになる方法(というか心構え?)を共有したいと思います。

どうして高校数学では苦手だった人にもチャンスがあるのか?

ではまず「どうして高校数学ではそれまで数学が苦手だった人にもチャンスがあるのか」ということについて僕の意見を書いていきます。

上の疑問の答えを簡潔に言うと、「高校数学はそれまでの数学より『論理』が大事になるから」ということになります。

まぁ「それってどういうこと?」ってなりますよね。

ですので 「高校数学はそれまでの数学より『論理』が大事になる 」ということの意味を、中学まで数学との比較を通して説明してみます。

中学数学は「直感」が重要

中学校までの数学では『図形』が大きな存在感があります。

僕が思うに、この『図形』という範囲は直感が大事な分野です。

どこに補助線を引けば分かりやすくなるか、とか悩みませんでしたか?

『図形』だけではなくて『規則性』の分野とかも大変です。

一見無秩序に見えるものの中から規則を見つけ出さないといけないタイプのやつです。

そんな問題で解説を見ても「~に着目すると、~」とか書いているだけで、どうすればその発想に至るのかが分からないものです。

僕はこうした直感の能力がどう頑張ってもそんなに伸びませんでした。

他の分野にも「気づき・ひらめき」が必要なときがあったように思えます。

高校数学は「決まった手順」で解ける

それに対して高校数学はどうかというと、大体の問題が決まった手順に従ってやれば解けるんですね。

中学数学も言ってしまえば決まった手順に従ってやれば解けるんですが、高校数学の場合はその傾向がもっと強いということができるでしょう。

アルゴリズム的とかシステマティックと言うと感覚的に分かるでしょうか?

つまり、高校数学では「直観・気づき・ひらめき」よりも「決まった手順を正確に理解して適用する能力」が重要になります

そういうわけで中学まで数学が苦手だった人も「決まった手順を正確に理解して適用する能力」を磨くことで数学力を伸ばせる可能性があるのです。

高校数学ができるようになる方法(というか心構え?)

高校数学ができるようになる方法という見出しをつけましたが、それは楽ができる近道なんていうものではありません。

まぁそんなにおいしい話はないものです。

その方法というのは言ってしまえば、「問題集をやり込む」という方法です

それはもはや方法でもないってことは知っています(笑)

心構えと言った方がいいかもしれませんね。

具体的な手順としては、以下のような流れが定番ですね。

1.授業を聞いたり、教科書を読んだりして、基本的な情報(定義・基礎的な問題の解法)をインプットする

2.学校指定の問題集などの適度なレベルの問題集に取り組む

3.問題集で間違えたところにチェックする
  →こんな知識がなかったから解けなかったとか、この公式を勘違いしていたから間違ったとかいった情報もチェックしておけば尚よし

4.間違った問題をもう一度解く
  →そこで解ければ、その問題についてはクリアしたとする

5.それでも間違ったときは3~4をもう一度
  →自力で解けるようになるまで繰り返す

これを見て、「大変そうだな~」と思う人もいるでしょう。

その通りです。大変です。

でもこの方法で間違いなく数学はできるようになりますし、これをしない人で数学が得意だという人は見たことがないです。

この辺りのことは以下の記事に詳しく書いているので、参考になるかもしれません↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました