子供のころの読書は国語に役立つ?

国語
スポンサーリンク

国語と読書に関係についての僕の意見

「国語の成績と読書は関係あるのか」というのはよくある疑問でしょう。

これに対する僕の答えは、「ある」です。僕は読書経験は国語に役立つと思っています。

断っておきますが、これは自分の経験のみに基づいた主観的な意見です。何か根拠となるデータを示せるわけではありません。

【京大生の意見】なんていうタイトルをつけてしまったので、読者の皆さんに過度な期待をさせてかもしれません。もしそうならすみません。

まぁでも本にしてもYoutubeにしても、タイトルはインパクト重視なので、そういうものと思ってください。

僕の考えの理由

自分を含め、周りの人(家族・友達)を見てみると国語が得意な人は一定の読書経験があります。

僕自身は小学生・中学生のころは、普通よりもかなり多く本を読んでいたと思います。

授業中も本を読んでいて、先生に本を取り上げられた経験が何度もあるくらいです。(笑)

僕は自分が国語を得意にしているのは、それはこのころの読書経験のおかげではないかと思っています。

国語が得意な人は大体そうだと思うのですが、僕は高1で初めてセンター試験を解いた時から高得点を取れました。少なくとも8割は取れていたと思います。(まぁそこからはそんなに大きく伸びず、9割くらいで頭打ちになったのですが…)

生意気にも「センター試験って国語だけ簡単すぎないか?」なんて思っていましたね。国語が得意な人は経験があるのではないでしょうか?

そこで、どうして最初からセンター試験で高得点を取ることができたかと考えると、読書しか思い当たらないのです。

それまでは国語の勉強はそれなりにはしていましたが、ただ何となくやっていただけです。深く考えてやったりはしていませんでした。

そう言うと、読者の中には「もともとセンスがあったからじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。

もしかするとそうなのかもしれません。

僕には国語の才能が少しばかりあったのかもしれません。

ですが勉強に関しては経験・環境の影響の方が圧倒的に大きいのは確実です。

そう考えると、やはり読書経験が僕の国語力を作る一番大きな要因になったんだろうと思うのです。

ただ僕も本を読んでいるだけで国語の成績が上がるとは思っていません。

センター試験なら読書で乗り切れるかもしれませんが、記述試験はそうはいかないでしょう。

記述試験では悪い点数は取らないけれど、いい点数も取れないでしょうし、点数が安定することはないと思います。

このあたりは次の話と関係するので、そこで書きます。

3. 予想される反論に対する答え(になっているかどうか分からない文章)

僕のように「読書は国語力と関係がある」という意見もあれば、逆の意見もあります。

つまり「読書と国語の成績は関係ない」という意見です。

そういう意見の方が言うのは「よく本を読むけど国語ができない子もいる」ということでしょうか。

そういう子もいると思います。そうなってしまう原因は次のようなものではないかと思います。

1.字面だけ追いかけて読んだ気になっているか、ナナメ読みになっている。
2.問いの意図を理解できていない。

1のようにきちんと読めていないのであれば、そもそも「読んでいる」とは言えません。

つまりそもそもその読み方では「読書」とは言えないよ、と思うのです。

こういうのは無理やり読書させらている子に起こりやすい気がします。

自分の興味がある本ならしっかり読もうと思えるのではないでしょうか?

次に2ですが、問いの意図を理解する能力は読書では身につかないので仕方がありませんね。

国語で必要な能力の全てが読書で得られるわけではないのです。

僕は国語の問題を解くというのは以下の図のような流れだと思っています。

読書でつく力は一番左の「文章を読んで理解する」ための力です。

他の力は記述の試験で特に必要になる力です。これらは勉強してつけないといけませんね。

これらのことから僕は「読書するのに国語ができない子がいる」からといって「読書が国語の成績に関係ない」とはならないと思います。

まとめ

以上が僕の読書と国語の成績についての意見でした。

もしあなたが中学生で、納得してくれたならなら僕は読書を勧めます。

もしあなたが小学生・中学生の子の親で、僕の意見に納得できたなら、面白そうな本を子どもの目につくところに置くのを勧めます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました