ユメタン3は東大・京大の受験に必要?

英語学習
スポンサーリンク

『ユメタン3』というとご存じない方はいないと思いますが、高校生の英単語帳『ユメタン』シリーズの最難関レベルです。知らない人はこの記事にたどり着いていないはずですから蛇足かもしれません。

この単語帳は、レベルの高さのために必要ないという意見も少なくありません。

その「ユメタン3が東大・京大の入試に必要か?」という問題について、ユメタン3を使ってきた京大生のぼくが考察していこうと思います。ユメタン3を買うかどうかの参考にしてください。

ユメタン3は必要か、不要か

「ユメタン3は必要か」という問題は難しい問題です。

ぼくは英語をかなりの得意科目にしていましたが、そのことにユメタン3の貢献がどれだけあったかはよく分からないというのが正直なところです。

自分の感覚は頼りにならなかったので、この問題を考えるためにはデータを使うしかないと思いました。データというのは、東大・京大両校の入試問題です。

調べた年は2019年です。

行った調査は、問題文や選択肢にユメタン3の収録語がどれくらいあるか確かめるものです。

手作業でやったので、見落としもあるかと思います。その点はご了承ください。

本当は2,3年分くらい目を通した方がいいんですけど、意外にも労力がかかる作業でした。そのため、一年分の調査だけで妥協してしまいました。すみません。他の年について調べてくれた人がいれば、コメント欄からぜひお知らせください。

東大の問題ではユメタン3の収録語がどれくらあるか?

東大の2019年入試問題の中から見つけられたのは3個でした。

この調査結果を信用するなら、ユメタン3の収録語は2019年東大入試にはほとんど出ていないことになります。

ここで勘違いしてほしいのは、ユメタン3の収録語が出てないからと言って東大の入試の文章が読みやすいわけではないということです。やはり東大の文章は難しいです。

2019年の1年分しか見てないのですが、ぼくが見た限りだと「挿入句」が読みにくくなっている主な原因であるように感じました。その代わりに、必要な語彙力は『東大』というイメージ程高くないようでした。

もちろん難しい単語も含まれていましたが、それらは基本的な単語の派生語であったり文脈から推測が可能であったりしたという印象です。

京大の問題ではユメタン3の収録語がどれくらいあるか?

京大の問題で僕が見つけられたユメタン3収録語は5個でした。

京大の方が東大よりも問題の量が少ないことを考えると、登場頻度は数倍多いと言えるでしょう。

それでも、ぼく自身の体感としては、この5つが分からなくても文章の意味は取れます。英語を無難にこなすなら、不要な知識です。

ただ、そこからさらに上を狙っていくには、この5つも確実に分かっておくべき―――そんなところです。

東大・京大の入試にユメタン3は必要?

やっと結論です。

今回の調査結果から、多少は人にもよりますが、「東大京大の入試にはユメタン3は不要」とぼくは判断しました。

それよりも派生語を類推・理解する力の方や挿入句を読み解く力が重要のように思えます。東大でも京大でも基本的な単語の派生語がたくさん出てきますからね。派生語を理解する力は、本当に基本的な語彙を理解していたら類推できるはずです。

ただ、英語で点数を荒稼ぎしたいという人の場合はユメタン3を考えてみたほうがいいだろうとも考えています。分からない単語が複数ある状態では、英語で高得点を目指すのは厳しいです。

ぼくの場合は問題文中に分からない単語がほとんどなく、内容を読み解くことに自分の全集中力を割くことができました。それが最上位クラスの得点につながったのかなという気がします。

また、ここで学んだ単語は大学の英語の授業やTOEICなどの試験勉強の際に役に立ちます。ぼくは初めてのTOEICで 900点を取ることができたのですが、その理由の1つはユメタン3を使っていたことだと自己分析しています。

京大生でもTOEICの平均点が 700点くらいですから、いきなり900点を取れたのは自分でもかなり評価できると思っています。

そんなふうに、将来を視野に入れて英語力をつけておこうと思える人にはユメタン3をおすすめします。

あとがき

今回東大と京大の入試問題を見てみましたが、全然傾向が違うんですね。ビックリしました。

あと、調べていて気付いたことなんですが、ユメタン0に収録されている単語も結構ありました。ユメタン0は中学~高校基礎のレベルで、勉強しなくても知っている単語がほとんどでしょうけど。

もし、ユメタンシリーズを全部揃えるとなると、6千円くらいかかってきます。高いですね………

ユメタンはいい単語帳ですけど、高いのであまり人には勧められないかな……… でも、ユメタンほど発音マスター・単語学習法に力を入れた単語帳は少ないし……… 迷うところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました