Speaky使ってみました!【言語交換アプリ】

英語学習
スポンサーリンク

言語交換アプリというものをみなさんは聞いたことがありますか?

言語交換アプリは、語学学習を目的としたメッセージアプリです。今回紹介するSpeakyというのもその一つです。

1.Speakyで何ができる?

冒頭でも紹介した通り、Speakyは言語交換アプリの一つですから、様々な国の人と色々な言語でトークすることができます。

例えば僕は英語を勉強したいので、日本語を勉強している英語圏の人とトークをするという風に使います。

そして英語圏の人たちとだけではなく、英語を勉強している人たちともトークすることができます。

ネイティブの方と話すと、受験でしか出てこないものではなく、本当によく使われている単語や表現を知ることができます。

また英語を勉強中の方と話すと、「自然な英語を使わなきゃ」といった緊張感がなくて気負わないで英語を使えます。

2.どんな人におすすめか

僕の意見としては、「ある程度英語の知識があるけど話すのはまだ苦手」という人が使うと高い効果があると思います。

自分でメッセージを考えると、そのときに使った表現や単語はしっかりと身につきますし、相手のメッセージを読むことで様々な口語的な表現をたくさん知ることができます。

逆に英語初心者の方にはおすすめできません。

こういったアプリはあくまでもトークするだけで、相手の方が懇切丁寧に教えてくれるわけではありません。自分の打つメッセージは当然自分で考えなければいけないので、初心者ならメッセージを送るたびに検索しないといけないでしょう。

そういうことを重ねているとトークするのが負担になってしまって続けられなくなると思います。

3.Speakyの使い方

(1)インストールからプロフィールの設定まで

ここではAndroid端末で解説します。まずGoogle PlayにアクセスしてSpeakyを検索します。 

青い丸の形のロゴのアプリがSpeakyなのでこれをインストールします。

インストールしたら指示にしたがって進んでいきます。

ここから認証があります。方法としては①Facebookと連携するか、②電話番号を使うか、③Google + で認証するかの3パターンがあります。

ここでは電話番号を使う方法で進みましょう。

この画面ではご自身の携帯番号の2番目の数字から入力します。

電話番号を入力して次へをタップして少し待つと、SMSで認証コードが届きます。届いたのを確認出来たらそのコードを入力します。

入力すると下の画面になります。

ここでは指示にしたがって、氏名を入力してプロフィール写真を選択します。この際、自分の顔が分かる写真にするのが普通になっています。

顔が分かる写真を選んだ方が印象が良くなるので、顔が見える写真がおすすめです。また筋肉を強調したり肌を過剰に露出したりすると、出会い目的に見えるかもしれないので、そういた写真はやめておくのが無難です。

終われば画面右下に「次」と表示されるのでそれをタップします。

上の画面で自分が勉強したい言語を選択します。選択すれば下の画面になります。

ここでは自分の母語を選びます。ここはみなさん日本語ですね。

次に誕生日を入力します。

ここで性別を選択します。すると次はこんな画面になります。

これで大分終わりに近づいてきました。ここでは英語力を測るための10問テストを受けるかどうか聞かれています。

「いいえ、結構です」を選択すると、次の画面になります。

こうして自分でレベルを選ぶこともできますが、おすすめはテストを受けるほうです。

空欄補充やリスニングの問題があります。テストが終わると下のような画面になります。

そして “CONTINUE” をタップすると下の画面になるので、”I accept to play by the rules” にチェックを入れて “CONTINUE” をタップします。

最後に下の画面で “LET’S GO” をタップすると、設定は完了です。

(2)プロフィールの設定

またプロフィール文にも気を付けましょう。

「自分は真面目に勉強しようと思ってます!」ということが伝わるようにしましょう。ですが “I have to improve my English for work. Please teach me English.”というようなのは少し良くないかもしれません。

勉強に真剣な態度を示すのはもちろん必要ですが、”GIve and Take”の関係を意識してください。相手にとっても自分と話すことはメリットがあると思わせることが大事です。

例えば “I can help you learn Japanese.” などの一文を加えるといいと思います。

(3)トークの始め方

ホームはこんな仕様になっています。ここで自分の母国語(この場合日本語)を勉強したいという人で英語が使える人を探すことができます。

フィルターという機能を使えば、検索するときに年齢や国の条件を追加できます。

真面目に言語を勉強しようと思うなら、同じ思いの相手を見つける必要があります。見分けるときにはプロフィール写真とプロフィール文、そして学ぶ言語の数は現実的な数か、日本語のレベルはどうか、などを見るといいと思います。

プロフィール写真が肌を過剰に露出しているような人は避けたり、プロフィール文に学ぼうとする意志が感じられない人も避けたりしたほうがいいです。

また、学ぶ言語の数もヒントになると思います。

このアプリでは母国語も学ぶ言語も複数選択できるのですが、流石に新しい言葉を5個とか学ぼうとするのはあり得ないでしょう。

学ぶ言語をたくさん選んでいる人はきちんと勉強していない言語も選んでいるので、そんな人たちとトークしても得られるものはあまりありません。

会話を開始するときは、”Hello. I’m ~. I’d like to talk to you.” とかを送ればいいと思います。

それか自分にリクエストを出してくる人を待つという方法もあります。僕は話しかけるのが面倒くさくなったので、こっちの方法でやっています。

プロフィール写真とプロフィール文をきちんと書いておけば、自然と連絡が来るはずです。

まとめ

最後に内容をまとめます。

・Speakyで外国語を使う練習ができる
・Speakyは英語中級者におすすめ
・プロフィール写真とプロフィール文は大事
・真面目に学んでいる人と会話する

コメント

タイトルとURLをコピーしました