言語交換アプリを2カ月間使った感想【Speaky】

英語学習
スポンサーリンク

言語交換アプリを使い始めて2カ月になりました。使っているアプリはSpeakyというアプリです。

2カ月使っただけでも学んだことや気づいたことがたくさんありました。

今回はその一部を紹介したいと思います。

言語交換アプリに興味を持っている人に見てもらえるとうれしいです。

1. 便利な表現

会話するときに便利だなと筆者が感じた表現を紹介します。

Speaking of

会話をしていると話題を変えたくなるときがあります。

そのたびに “by the way” を使ってもいいのですが、 “by the way” は急な話題転換のときに使うようなのです。

“by the way” を使い過ぎると急な話題転換が多いように感じられると思います。そこで滑らかな話題転換をする言葉を聞いてみました。

すると “Speaking of ~” を使えばいいよと教えてもらいました。

「~について言うと」という意味になります。

今までの話題に関連したトピックを話したいときに使えます。

(So) anyway

これも話題を変えるときの表現です。Speaking of ~ と一緒に教えてもらいました。

こちらは前の話題と特に関係ないトピックを話したいときや、会話が無くなってしまったときに使うと良いそうです。

そのケースでは何も言わずに話題を変えてもいいのですが、何も言わないのが気になるなら使えばいいとのことでした。

2. 記号等の使い方

絵文字

外国の方も結構絵文字を使っていました。

それは自然に使っているのか、それとも日本人がよく使うと知っていて合わせてくれているのか分かりませんが…

!と?

この二つは普段ラインするのと同じように使ってよさそうでした。

3. 文の長さ

外国の方のメッセージは一つ一つが長いことが多いです。

友達とするラインは一言二言くらいを1つのメッセージにしますよね。

今週の日曜ひま?

ボーリング行かへん?

こんな感じですが多いと思います。

ですが外国の方は長文も多いです。

At first I didn’t like learning the language! But later I realised that I don’t I would fail my exams. That when started working hard and mastering the English language, and that when I also realised that learning new language helps strengthening one brains and knowledge! 😁 (原文のままなのでスペルミスアリ)

このくらいの長さの文が割と普通に送られてきます。内容が長くなる場合でも、あまり複数のメッセージに分けない傾向がありました。

これは文化の違いなのか、それとも筆者とメッセージのやり取りとしている人が長文を書く人が多いのかは分かりませんが…

4. すぐにやめてしまう人がいる

言語交換アプリを使い始めても2,3週間ですぐにやめてしまう人もいます。割と多いです。

筆者がコンタクトを取った約40人の中でちゃんと中身のある会話をできたのは10人ほどでした。

残りの30人の多くはアプリを使うのをやめてしまったようでした。

自分からコンタクトを取りに行くときは相手が長期間アプリを使っているかを確かめた方がいいかもしれません。

5. セールスをしてくる人がいる

このアプリを使ってコンタクトを取ってきて何かを売りつけようとしてくる人がいます。

よくあるのがオンラインの英会話の勧誘です。

これはおそらく詐欺とかではなく、本当のレッスンなのでだと思います。しかしトラブルが起こった際に解決するのが大変なので、避けておいた方がよさそうだと感じました。

そういったものはまだましなのですが、いかにも怪しいものありました。

筆者が経験したもので一番怪しかったのは投資の勧誘です。

「100%利益が出ると保証するよ!」と言われました。完全に詐欺でしたね。

勧誘文句の内容に関わらず、そもそも言語交換のアプリで投資の勧誘をする時点でおかしいのですが。

6. 目的がよく分からない人がいる

何がしたいのかよく分からない人がいます。

いくつかのタイプがあるのですが、一つはたくさんの言語を一から学ぼうとしている人です。

言語学習はどんなに効率的にやっても簡単ではありません。

それなのにたくさんの、それも何も知らない外国語を学ぼうとしている人がいます。

おそらくですが、そういう人は真剣にやるつもりがないのでしょう。出会い目的ではないかという気がします。

二つ目のタイプは、自分からコンタクトを取ってきているのに会話を続けようとしない人です。

最初にこのタイプの人に出会ったときはかなり困りました。

Hi

とか

Hello

とだけ送ってきて音信不通になるのです。

本当に何がしたいのかよく分からずに困りました。

そんなわけで今回は筆者が言語交換アプリを2カ月間使った感想でした。

これから言語交換アプリを使う方はこういったことを頭に入れておくといいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました