TOEFL学習記録【10,11,12月(2018年)】

TOEFLTOEFL
スポンサーリンク

これはTOEFLで100点を目指す僕の英語勉強についての記録です。少しでも英語を勉強する方やTOEFLの受験を考えている方の参考になれば幸いです。

僕は大学に入ったころから英語の勉強に興味を持っていて、気が向いたときにYoutubeで英語の勉強をしていました。

ただモチベーションを保つのが難しいなーと感じてきたのでTOEFLを受けることにし、2018年の10月ごろからTOEFLのための勉強を本格的に始めたので経過を書いていこうと思います。

10月

TOEFLの公式問題集とフレーズで覚えるタイプの単語帳でお勉強です。

公式問題集は主にReadingの練習に使用しました。またTOEFLは難しい単語が多いので単語力のアップが必要だと感じ、単語帳を使っています。

使っている単語帳は『TOEFLテストに出る順英単語』です。フレーズで新出単語を勉強するスタイルなので『シスタン』にすこし似ているかもしれません。

これのいいところは、①本のサイズがコンパクトなところ、②一つのページに情報がまとまっていて視線の移動が少なくて済むところ、③フレーズなので日本語がいちいち入ってこないところの3つです。

TOEFLの単語帳では『TOEFLテスト英単語3800』が有名ですが、僕は選びませんでした。

もちろんいい教材ですし、おすすめもできます。ただ、ぼくは英単語を勉強するときにできるだけ日本語が頭の中に入らないようにしたかったことと、携帯性を重視したかったので『TOEFLテストに出る順英単語』を選びました。

Listeningに関しては今までと同じようにYoutubeやTedの動画を見て勉強しました。Writingは謎の自信があったのでほとんど勉強しませんでした。

11月

17日に実際に試験を受けるのでより実践的な勉強に移行。

中国版TOEFL Online Practice(権利問題を考えればかなり黒に近いグレーですが)を利用してReadingとListeningを勉強しました。

SpeakingとWritingはいい勉強の方法が分からないので放置。

一回目のTOEFL受験(11/17)

結果は….

  • Reading : 28
  • Listening : 27
  • Speaking : 16
  • Writing : 16
  • Total Score : 87

となりました。ReadingとListeningは思ったより取れましたが、SpeakingとWritingがひどい。僕のWritingについての無根拠な謎の自信は見事に打ち砕かれました。ただ一方で ReadingとListeningという受動的な能力はこれまでの勉強でしっかりついてきていたと分かりました。

これからこの結果を踏まえて勉強方法を考えていこうと思います。

12月

モチベーションが上がらなかったのでTOEFLの勉強はほとんどせず。

そのうちに後期の定期試験が近づいてきたので、そちらの勉強が忙しくなった。

まぁ忙しくてTOEFLの勉強をしなかったというのはいいわけですが…

タイトルとURLをコピーしました