大学に入ると、数学は「集合」から始まるけどこだわらなくていい

大学
スポンサーリンク

これを読んでくれているあなたは、どんな人でしょう? 
バラ色のキャンパスライフを思い描いて大学に入ったものの、「集合」というよく分からない単元に出会って早くも頭を抱えている大学一年生でしょうか?

その場合は、大学数学の最初に出てくるのが「集合」という概念であることを知っていると思います。
もし、あなたが高校生であれば、それは知らないでしょう。とりあえず、「集合」という分野を大学では習うんだなと思ってください。

この「集合」なんですが、端的に言ってムズイです。その理由は、高校数学と全く雰囲気が違うことなんでしょうが、とりあえずムズイです。

理系の学生にとっては、大学の勉強の中でも数学は重要―――そういう意識があります。だから、真面目な理系学生の中には、

最初の単元でこんなに難しく思ってしまうなんて、おれ(わたし)はもうダメだ………

と悲観的になる人も出てきます。あるいは、

ここは最初だからしっかり押さえておかないと大変なことになりそうだ。自分で本を買って勉強しよう

と決意するパターンもあるでしょう。

しかし! そんな人たちに伝えたい。

大丈夫、「集合」がそんなに分からなくても別に困らないから

と。

理学部で数学科に進む人は別として、我々工学部生のような人たちに集合の厳密なレベルでの理解は不要だと思います。

心配無用!

以上、「大学に入ると、数学は『集合』から始まるけどこだわらなくていい」というテーマについて書きました。

おまけ

ぼくは、「最初の単元だから、しっかり理解しておかないといけないだろう」と思って本を買った人間でした。

結論から言って、そうする必要はなかったです。なかったですが、学問としての数学の理解や数学の雰囲気を味わうことができたので、有意義だったとは思っています。

ちなみに買った本はこちら↓

もし「集合を勉強しよう」と思ったら、この本はおススメできます。この分かりにくい「集合」という概念を、日常の事例を使うなどして噛み砕いてくれています。

レイアウトがいいのもおすすめポイントです。

ただ、解説の対象としている概念自体が簡単ではないので、本の内容も決して簡単ではありません。すっごく難しいってわけでもないんですが、過剰な期待は禁物です。

まぁそれは、この概念を扱った本のどれに関しても言えると思いますが。

今回はそんなところで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました