京大の学生メールKumoiを手軽に見るための設定

大学
スポンサーリンク

京大に入ると、学生メールのアドレスを割り当てられます。そこに学校関連のいろいろな連絡が届くんですね。

そのメールサービスをKUMOIというんですが、これは基本的にウェブメールだからブラウザから見ないといけないんです。

KUMOIのメールを確認しようと思ったら、ChromeなりFirefoxなりのブラウザを立ち上げて、京都大学学生ポータルにアクセスし、そこから「KUMOI :: 学生用メール」というところをクリックしないといけません。

端的に言って面倒です。

メール転送システムというのもあるんですけど、これも落とし穴があって、全部のメールが転送されるわけじゃないんです。

あれは多分、本当の意味での転送じゃないです。KUMOIのアドレスに届いたメールを転送先のアドレスに送っているわけじゃない、と思います。

じゃあどうして転送先のアドレスにメールが届くのか?

それは多分こういうことです。 ちょっとややこしいんですけど、下の図を見てください。

転送されてくるメールがあったり、されないメールがあったりするのでこういう仕組みなんだと思います。(まぁ全部友達の推測の受け売りなんですが)

これを何とかしたいと思い、手軽に見られるように設定することにしました。

ではまずPCでKUMOIに簡単にアクセスする方法から書いていきます。

Windows10の標準メールソフトでKUMOIメールを確認する方法

まずはWindows10の標準メールソフトを開きます。Windowsボタン(?)を押すと入っているアプリが確認できます。そこから写真にある封筒みたいなアイコンをクリック。

メールソフトが立ち上がると、「アカウント」と書かれたところをクリックします。設定によっては “Accounts” と表示されているかもしれません。

アカウントをクリックすると、下の写真のようにアカウントの設定画面が画面に顔を出してきます。 そこから「アカウントの追加」を選択。ここでは “Add accounts” となっています。

すると下の写真のようなポップアップが出てきます。この中から “Exchange” を選択します。

するとポップアップがこんなふうに切り替わります。空欄に自分のKUMOIメールアドレスを書き込んでください。自分のメールアドレスが分からないときは、学生ポータルサイトから 「KUMOI :: 学生用メール」 に行って確認してください。

メールアドレスを入力すれば、そのアドレスが本当にあなたのものか確認するステップが必要になります。下の写真のような画面になると思います。「このアカウントを使用」という欄にKUMOIのアドレスが出ていれば、そこをクリック。写真のように別のアカウントが表示された場合は、「別のアカウントを使用する」という方を選択します。

「続行」をクリックすれば、サインインを求められるはずです。学生ポータルと同じようにIDとパスワードを打ち込みます。

これで設定は完了となると思います。下のような画面になるはずです。

スマホでKUMOIに簡単にアクセスするには “Microsoft Outlook” というアプリをインストールして、KUMOIのメールアドレスを追加すればいいです。こちらはすぐにできると思います。

標準のメールアプリでやってもいいんですけど、サーバーとかドメインとかなんたらかんたらとややこしいのでお勧めはしません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました