URL変更によるアクセス激減とその対応策の記録|301 Redirect

ブログ
スポンサーリンク

先日、ふとした思い付きで当サイトのURL構造を変えてみました。

その結果、酷いアクセス減となりました。

この記事では、当サイトでの

  • URL変更の経緯
  • その対策
  • 回復のスピード

などを共有していこうと思います。

URLの変更によるアクセス激減

このセクションの見出しにも書いた通り、URLを変更してしまったことでアクセスが激減してしまいました。

その経緯を簡単に振り返ってみます。

多言語化を視野に入れたURLの変更

ことの始まりは、当サイトを多言語対応にしようとしたことでした。

やり方は複数ありましたが、いずれも各ページのURLを変更する必要が出てきました。

作業を経た後にURLがどのように変化したのかというと、これまで
https://kyotoniki.com/(記事ごとのスラッグ)
であったものが
https://kyotoniki.com/(言語コード)/(カテゴリー名)/(記事ごとのスラッグ)
となりました。

これが2020年の4月16日、17日くらいのことだったと記憶しています。

ちなみにスラッグというのは、IT用語でURLの最後にくっつくやつです。該当記事がネット上においてどこの位置にいるかを示す機能があるとか。

アクセスの激減

とにかく、このようにURLを変更してしまったわけなのですが、その結果に悲しい事態が生じました。

アクセスの激減です。

どれだけ減ったかというのは、以下のGoogle Analyticsのグラフを見ていただければ一目瞭然かと思います。


多少持ち直してきているんですけど、それでも中々・・・・・

いや、考えてみればそりゃそうなんですけど。URLは記事の居場所(住所)を示しているんだから。誰にも告げないまま、急に住所を変更したら、どんなに仲が良い友達であっても彼(記事)を訪ねることはできませんよね。

サイトの構造を変更した4月17日以降から顕著にアクセス数が激減しているのが見て取れると思います。

対応

さらに間抜けなことに、ぼくは当サイトのアクセスが激減していることに、しばらく気が付きませんでした。

気が付いたのは4月も終わりに近づいたころ。アクセスの激減が始まってから、すでに1週間ほど経過したタイミングです。

気が付いたときにはビックリしたのですが、そこは見通しの甘さに定評のある自分です。「まぁなんとかなるだろ」の精神で、さらに数日放置しました。もしかしたら、Googleのクローラーが頑張って、このサイトの記事を探し当ててくれるんじゃないかという希望に賭けたわけです。

しかし、それでは状況の改善につながりませんでした。

リダイレクトを設定

その段階になってようやく自分は「このまま放置しても改善しないぞ」と気が付きます。

改善のために少し調べて出会ったのが、リダイレクトという方法。恥ずかしながらぼくは、それまでリダイレクトをよく分かっていませんでした。

数週間前のぼくと同じく、「リダイレクトとは何ぞや」という状況にある人のために軽く説明をしておきます。

リダイレクトというのは、あるページにアクセスした人を別のページに連れていく操作のことらしいです。概要としては以下のイラストのようになるはず。


これを使って、前のURLへのアクセスを新しいURLにつなげようという発想です。

具体的にはプラグインを使うことにしました。自分でコードを書くほどの実力がないもので・・・・・

使ったのは『Simple 301 Redirect』というもの。名前の通りに操作も簡単で、すぐにリダイレクトを設定することができました。それが確か5月の初めごろ。1日か2日だったかな。

その後の経過

それからしばらくすると、アクセスが徐々に戻ってきました。これで一安心です。

アクセスが戻り始めたタイミングは、リダイレクトを設定してから2~5(?)日経ったころでした。

それから1ヶ月半ほど経った6月中旬に、一旦リダイレクトの設定をやめてみました。

その動機は、

・プラグインの整理をしたかったこと
・新しいURLがGoogleに認識してもらえたのではないかと思ったこと
 (一定の期間が経ったから)

という2点でした。

この試みは、結果から言うと失敗でした。

再びアクセス数が急降下しました。
当分はリダイレクト設定をやめてはいけないようです。

Google Search Console で見たところ、古いページへのアクセスもたくさんありました。

教訓

今回の失敗から得た教訓は、「URLの変更はリスクが高い」ということと、「それでもURLの変更をしないといけないなら、リダイレクトを設定するなどして対策を打っておく」ということですね。

こういうことは当たり前のことですが、自分のようにブログ初心者だと知らないこともあるかもしれません。

そのための注意喚起として、この失敗を記事にしておくことにしました。

トップ画像はBusiness vector created by dooder – www.freepik.comより

コメント

タイトルとURLをコピーしました